仙台タウン形成外科クリニック 態度悪いです 

If you have any information about these crimes or any persons involved, submit a Web Tip.
You do not have to give your name, your address, your IP address.

Child Porn and Revenge Porn are NOT allowed.

 

・投稿者は問題が解決した場合(債権の回収など)は投稿を必ず削除して下さい。問い合わせページから、投稿のURLと投稿時に設定した秘密のパスワードをご連絡下さい。

【氏名・企業名(ふりがな)】仙台タウン形成外科クリニック
【住所】宮城県仙台市青葉区中央1丁目3?1 AER16F
【電話番号】0120-107-286
【年齢・生年月日】
【性別】
【職業・学校名】
【内容】

受付の人の対応が悪いです。
客がいるのに常に私語してるし、愛想が全然ない。
先生はとても親身に話を聞いてくれるだけに非常に残念。
あと、客の名前を他の客の前で呼ぶのはどうかと思います。

情報共有掲示板 名前とメールアドレスの入力は任意となります。

  1. 匿名 より:

    名誉毀損の慰謝料の相場
    ネット上での名誉毀損の慰謝料は以下のような要素から計算されると考えられています。

    被害者の年齢・職業・経歴・社会的立場
    不利益の程度(影響した範囲など)
    名誉毀損の方法や悪質性
    加害者の動機
    回復措置
    このように様々な要素がありますが、一番大きな分かれ目としてあげられるのが、「一般人」か「政治家や有名人といった社会的に影響力の大きい人」か、という部分です。

    一般人の名誉毀損の慰謝料相場
    被害者が一般人の場合、慰謝料の相場は大体10万~50万円と言われています。
    事業の信用が失墜したなど、重大な影響を及ばした場合はもう少し高くなり、50万~100万円になることもあります。

    ただ、ヌード写真が公開されたなど特殊事情があれば数百万円の慰謝料が認められたケースもあります。

    有名人の名誉毀損の慰謝料相場
    有名人など、社会に大きな影響力をもつ人が被害者になった場合は慰謝料も高くなる傾向があります。

    このような人達に対して悪口の書き込みを行った場合、名誉毀損による慰謝料の具体的な金額は数百万円になってきます。

    400万~600万円程度の慰謝料の支払いが認められた裁判例もあります。

    侮辱罪に該当する場合の慰謝料相場
    名誉毀損罪に該当しない場合でも、侮辱罪にあたるような名誉毀損を受けた場合は慰謝料を払ってもらうことが可能です。

    相場は大体10万円程度と言われています。

    名誉毀損の慰謝料を裁判で請求するには
    それでは、匿名掲示板やSNS等のネット上で名誉毀損を受けた場合、慰謝料を裁判で請求するにはどうすればいいのでしょうか。

    名誉毀損の慰謝料請求の手順をご紹介します。

    Step1.証拠を残しておく
    名誉毀損で刑事・民事上の責任を問う場合は、証拠を残しておくことが重要です。

    ネット上はログが残りやすいとはいえ、相手が書き込みを削除してしまった場合に自分で見つけるのは難しくなってしまいます。
    そのため、誹謗中傷にあたる書き込みはその画面をプリントアウトしたりスクリーンショットしたりして証拠として提出できるようにしておきましょう。

    Step2.管理者に削除依頼をする
    証拠保全が終わった後は、書き込みがされている匿名掲示板やブログの管理者に削除の依頼をしましょう。
    というのも、削除してもらわないといつまでもその書き込みが見られてしまい、名誉毀損の被害が拡大する恐れがあるからです。

    ただ、該当する書き込みを削除してもらえるかどうかは管理者の裁量にかかっているので、削除してくれない場合も当然あります。
    その場合は、削除をしてもらえるよう訴訟を起こしたり、仮処分を申し立ててみましょう。

    また、削除されると証拠の確認が難しくなって逆に不利になると考えられる場合は、あえて証拠を残しておくのもひとつの手です。

    悪口が書かれやすいSNS・匿名掲示板
    ホストラブ、爆サイ、5ちゃんねる(2ちゃんねる)などの掲示板は、専門性が高く、削除依頼のメールフォームをおくっただけでは、長時間放置されたり、対応されないケースが目立ちます。また、Twitterやinstagram等のSNSでも悪口や名誉毀損が書かれやすい傾向にあります。

    これらの掲示板の削除を行いたい場合は、弁護士に相談することをお勧めします。

    Step3.書き込みをした犯人を特定する
    ネット上での名誉毀損は匿名でされていることも多く、責任追及するためにはまず犯人の特定を行う必要があります。

    犯人を特定するためには、書き込みがされたサイトの管理者に「プロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求」をして、IPアドレスといった個人情報を提供してもらわなければいけません。

    任意で情報を入手できればいいのですが、多くの管理者は簡単には応じてくれません。
    そのため、訴訟を起こして強制的に情報を提供するように裁判所側から命じてもらう必要があります。

    サイトの管理者への発信者情報開示請求が認められると、「IPアドレス」や「タイムスタンプ」といった情報が提供されます。
    これらから犯人が利用している「プロバイダ」(携帯会社など)がわかり、これを参考にプロバイダに発信者情報開示請求をすることで、氏名や住所といった詳しい個人情報を手に入れることができます。

    慰謝料請求の訴訟を起こす
    犯人が特定できたら、慰謝料請求のために訴訟を起こしましょう。
    ただ、刑事訴訟として提起しても相手が国に罰金を払うだけで、自分に慰謝料が払われることはありません。
    そのため、まずは民事裁判によって民事賠償(慰謝料)を請求するのがいいでしょう。

    訴訟で勝った場合は慰謝料のみならず、謝罪文の交付を命じられることも多いようです。

    訴訟を起こさずに示談でも解決できる
    もちろん、相手が任意で応じるのであれば示談で和解することもできます。
    訴訟は時間もコストもかかるため、その前に示談で解決を図りたい場合は内容証明郵便で慰謝料の請求書を相手に送りましょう。

    示談金の相場は、名誉毀損の規模や回数、ネットの書き込みを見た人の数などによって大きく左右されます。
    小規模なものだと30万円程度~の示談することもありますし、「5ちゃんねる(2ちゃんねる)」等の大規模なサイトで閲覧者数も多い場合には、示談金が500万円~1000万円を超えることもあります。

    とは言え、示談ですので、具体的な示談金の金額は最終的には話し合いによって決まります。ご自分で交渉の自身がない場合は弁護士に相談してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました